主人に対して直してほしい所

生活をしていく上で子供がいるのにちょっとした節約は大切だと思います。
そんな時に、テレビをつけたままにしている事が多かったり電気などもつけてどこかにでかけたりすることもありました。
こまめに切ってくれるとありがたいと思います。
携帯の充電などもずっとさしっ放しです。
携帯の充電が終わったら充電器をいったんコードから外してほしいです。
こういうちょっとした節約が積み重ねで大きくなるのになと何度も思い注意をした事もあります。
光熱費を払うのって結構もったいない気がします。
使っていないのにお金を支払うのだからやっぱりもったいないです。
環境にもよくないと思うので主人には是非気をつけて少しずつでもいいので減らしてほしいです。

最近私はシミが気になって気になって仕方がなくて、エクイタンスっていうシミに効果のある商品が気になって購入したいのですが、その商品は約1万円・・・これから子供もいるためクーラーをつけないと生活ができなくなって、光熱費も跳ね上がるのが分かっているので購入するかどうかをものすごく迷っています・・・主人が少しでも協力をしてくれれば数か月で浮いた分で購入できるかもしれないのですが。。。。主人にこのことを話しても簡単に買ったらいいじゃんってしか言わず。。。節約協力するよなんて言ってもくれません((+_+))

少しでも綺麗でいたいと思うのになかなか思うようにはいきませんね(´・ω・`)
後は、朝顔を洗わない事があると言う事だけ直してほしいです。
朝起きて顔を洗うのは常識だと私は思っています。
時々きたないなと思う事が多く子供も真似してほしくないと思っているので生活習慣をきちんと身につけてほしいです。
子供のためを思ったら協力してほしいです。
お金をためるために無駄なお金を使わない事や子供にきちんと教育するためにも普段の生活を正くしてほしいです。
主人にいいたい不満は今のところはこのような直せばなんとか直る不満です。

資産運用の為の元手が欲しい宋祖儿实力展示360度无死角美照,网友:只有她敢这样照!

私が今一番欲しい物、それは、品ではありません。資産運用の為の元手が欲しいのです。

金額はおよそ3千万円位。

年に10%の利益が出る方法を知っていて、すぐにでも始められますが、肝心の元手がないのです。

額が額なのでなかなか借りることもできませんしね。。。数百万単位なら、私でもカードローンなどで借りる(今すぐお金を作る)ことはできるんdネスけどね。。。3千万は・・・。

3千万円あれば、年に300万円の利子が付きます。

一か月に20万円もあれば、私の生活は十分ですので、一年12か月で、260万円です。

残る40万円は何か、いざという時の為に貯めておきます。

私も、もうそろそろ歳だし、養ってくれる夫もいないので、そうやって、のんびりと暮らしたいと思っています。

しかし、現実は甘くありません。そのお金を貯めるまでが大変です。

働いても働いても、なかなか貯金は増えません。

20代の頃に会社員をしていた時は、お給料は安かったものの、ブランド品や贅沢品には興味がなく、高い買い物などしなかった為か、2、3年で300万円位は貯められたのに。

もちろん、実家住まいで、家賃を払う必要がなかったのも大きいと思います。ああ、夢の資産運用生活よ…。

夢見ても、なかなか手に入りません。願わくば、買った宝くじが当たりますように。

それだけの収入があったら、地味でも、好きな街で、暮らしやすいマンションに住みたいのです。

そして、より快適な住環境を求めて、あちこちへ移り住む事も可能です。それを夢見ています。

又、より快適な住居環境を探しながら、日本のあちこちを巡る事ができます。しかしながら世の中そう簡単にはうまくいきませんよね。

私が思っているような生活ができている人も世の中では本の僅かだと思いますし、理想通りの生活ができている人も少ないですもんね。

そうなるように、頑張るしかないんですよね。

心に残っている大分・湯布院温泉旅行

先月、長年行きたいと思っていた大分県を旅してきました。先ずは飛行機で大分空港へと飛び、早速ランチに名物のとり天を食べました。

リーズナブルな価格にも驚きましたが、ふわふわの食感にも感動しました。その後レンタカーで湯布院へと向かいました。

やっぱり日本人は温泉ですね。温泉に浸かるだけで疲れが吹き飛びますね(^^)/しかも、今まで色々な温泉地に行ったことはありますが、私的には湯布院の温泉が一番好きですね。

湯布院には若い女性が多く、その理由はお洒落な土産屋が軒を連ねているからだとすぐに合点がいきました。私もセンスの良い竹細工や美味しそうな揚げまんじゅう、和モダンな食器などを夢中になって買い求めました。

翌日はこの旅で一番のお楽しみが待っていました。それは他でもない、地獄蒸しで有名な鉄輪です。町のあちらこちらの地面からは湯煙が上がっており、テレビでしか見たことがなかった光景にしばし見とれました。

とうもろこしなどの野菜少々と蒸しパンを購入して地獄蒸しを堪能した後は、旅のハイライトともなる小鹿田焼を購入すべく日田市の山あいまで車を走らせました。

小鹿田焼は最近女性の間で人気が高く、器好きの私も一度この目で商品を色々見てみたいと思っていたのです。いくつかある窯元を行き来してお気に入りの商品を購入、自宅まで大切に持って帰りました。

小鹿田焼の器で食事を取るたび、楽しかった旅の思い出がよみがえってきます。

結局何だかんだで、旅費やら遊び代でかなりお金を使ってしまいましたが、たまにの贅沢旅行もありですよね。

旅行前にコチラ→「主婦でも借りれるキャッシング」でお金を余分に借りていたので、その分よけいに使っちゃいました(;^ω^)

でも本当に楽しかったですね。また時間とお金があったら行きたいですね。

ラスベガスのカジノ

去年なんですが、アメリカのラスベガスに旅行で行ってきました。

ラスベガスと言えばやっぱりカジノですよね。

どこのホテルにもカジノ施設があり、24時間ずっと賑わっています。

やっぱり何処の国でもギャンブルは好きなんですね。

カジノ初体験の私は最初どうしたらいいのか分からず、ちょっと緊張しましたが、ディーラーの方も(もちろんアメリカ人)凄く良い人で、丁寧にルール等教えてくれました。

分かりやすいブラックジャックばかりやっていたんですが、結果的には負け・・・(*_*)

やっぱり簡単には勝たせてくれませんね。

またリベンジしに行かないといけませんね(^_^)/

ドバイ新婚旅行

今までの旅行のなかでいちばん思い出に残っているのは新婚旅行で行った「ドバイ」です。

旦那は2回目、わたしは久々の海外旅行で、二人で海外に行くのはそのときが初めてでした。

とにかく今まではNYやワシントンといった割と都会の街にしか行った事のないわたしからするとドバイの町並みは興奮しました。

都会の中に砂漠があり、らくだがいて、お寺があって・・・とにかく刺激的。世界一高いタワーブルジュ・ハリファにも上りました。

ふたりして英語が出来ず、特に旦那は簡単な英会話さえ出来なくてなんども喧嘩になり、成田離婚をする人の気持ちが少し理解できてしまったり・・・。

地下鉄に乗っちゃ運賃足りなくて怒られ、タクシーに乗っちゃ小銭持ってなくて怒られ・・・なんて言ってるのか分からないけど突然アラブ人の男性に怒られたり、怒られっぱなしだったのも今となっては笑い話です。

ドバイといえば、みたいな料理が無く、ショッピングモール内の適当なファーストフードで済ませたのがちょっと残念だったけどお買い物も出来たし、ホテルのプールにも入ってかなり満喫できました。

最高の思い出は第1子がハネムーンベイビーだったことですね。あの新婚旅行は3人の思い出だったというわけです!

恐怖のピサの斜塔

夏休みにイタリア旅行をした時、フィレンツェから日帰りで、ピサの斜塔まで行きました。

ピサの斜塔の一番上まで登るのに、一階から入って回り階段を登りました。

すると、次の階に行くためには、外の丸い廊下を通らなければ次の階段に行けないということに気がついたのです。

ピサの斜塔は下のほうの階には、手すりがついていたのですが、上のほうの階に行くと手すりがなくなっていて、下手をして滑り落ちると、命を落としかねない高さになっているのです。

高いところが大好きな私も、斜塔が傾いて、下のほうを向いている外廊下を回って行く時は胸がドキドキして、壁に張り付いて、落ちないように気をつけて、次の階段へとすすみました。

斜めに傾いた、逆のほうは、重力で壁に自然と体が吸い寄せられるのに安心感を覚えましたが、逆の場合は恐怖でいっぱいになりました。

私達も怖かったですが、イタリア人の子供がお父さんと一緒に登っていて、子供が怖がって泣き出して、お父さんが励ましながら登って行っているのが印象的でした。

私達は恐怖と安堵を繰り返しながら、丸い階段を登って、一番上までたどり着きました。

さすがに屋上には手すりがありました。

日本では安全面を考えても、あり得ないことだと思いました。

初秋の長野を巡ってきました《NBA 2k20》实体版荣登英国游戏销量榜榜首

秋口に長野県の松本と上田を旅しました。松本には前にも行ったことがあって、その時は夏だったのですが、「別の季節にも来てみたいね」と連れ合いと話していたんです。 結果から言えば、秋に行って大正解でしたね。長野県は森や山の多い土地ですが、だからこそ色づきが凄いことになっていました。

「秋ってこんなにカラフルなんだ!」と驚きながら、ゆっくりとドライブして、それだけでも旅した甲斐がありましたね。

ちょっと残念ながらも印象的だったのは、国営アルプスあづみの公園に行った時のこと。

予報でも怪しかったんですが、この日はあいにくの雨。広大な自然公園を散策するにはちょっと微妙だな、と思っていたものの、最中は何とか「しとしと」程度で済んだんです。

そのせいで霧がたくさん出ていて、かなり幻想的。おまけに平日。雨+平日で、広い公園は私たちだけの貸し切り状態。

遠くには雲海をまとったアルプスの山々……。結果的には「雨でよかったね」なんてことを言い合っていました。

上田では、事前に調べておいたそば屋さんへ。ここはグルメサイトでも「美味しくて量がある!」と大評判のお店。

向かってみると、開店から10分の間で店はほぼ満席に(!)。地元の人に観光客に、みんなから愛されている感じのお店でした。

そして口コミ通り、味も量も大満足。名前は「刀屋」さん。上田へお出かけの際はぜひ。

全部お任せプラン♪

誕生日プレゼントとして、彼から近場のリゾート地(ニセコです)1泊旅行を手配して貰いました。詳細は秘密。 色々計画してくれてるみたいだったので、私も調べようとはしませんでした。

まず到着したホテルが綺麗!高級でキラキラ!って感じではなくて落ち着いた感じの内装。ハロウィンが近かったので、大きなかぼちゃがいっぱい飾ってあったのも印象的でした。

とりあえず荷物を預けたら、今度は車でお迎えが。「乗馬体験に行くよ」と彼。

だいぶ前にテレビを観て「馬に乗ってみたい」と言ったのをずっと覚えてくれていたんです。

え、乗れるの!?見るだけじゃなくて!?と送迎の車の中で興奮しちゃいました(笑)

街ぐるみで観光地として色々取り組んでいるようで、各施設からの移動は基本的に無料送迎付きらしいです。

至れり尽くせりですねぇ。

乗馬体験ですが、結構高さがあるし揺れるし、落ちるんじゃないかと思いましたが、流石に馬の方が慣れてるようで、勝手にゆっくりとコースを1周してくれました(笑)

曲がる、止まる、進め、の指示を習ったのに…。乗馬中の写真をスタッフの人がたくさん撮ってくれたので夕ご飯までの時間はその写真だけで楽しめました。

夕食も美味しかったし、どうしても気になったご当地キャラのぬいぐるみも買ってもらえて、本当に素敵な旅行でした!

朝が弱い私のために、レイトチェックアウトのあるホテルを探してくれていたことも翌日判明。

普通はチェックアウト10時だと思うんですが、ここでは11時までOKだったんです。最近はこういうホテルも多いらしいです。

知りませんでした…。お陰でゆっくり支度をして、のんびり朝食をとれました。

また行きたい旅行先にランクインです!

まさかの・・・

今年の春、大阪に観光に行き、USJにはじめていきました。

朝8時ごろから並びましたが、やっぱり人気のテーマパーク、人・人・人・で混雑しまくりでした。

スパイダーマンのアトラクションに乗り、少々待ちましたがジョーズのアトラクションに乗りましたが、ちょっと疲れて休憩しているとき、なにやら人だかりが。

「なんだろうと」と思い背伸びして見てみたら、なんとTKOの木本さんが。

都会に行けば有名人に会える、なんてうそだと思っていましたが、本当に合えるなんて。

ロケ中であったため撮影NGでしたが、木本さんはカメラが回っていないときに笑って手を振ってくださり、全体的に柔らかな印象。有名人のオーラというのか分かりませんが、「グッ」と来るものがありました。

その後、午後3時までたっぷりとUSJを満喫し、家族、友達にお土産を購入。USJを後にし、私たちは家路にたくさんの思い出とともに家路に着きました。

後日、TKO木本さんのロケの様子が放送されていました。一緒に行った友達とみんなでワーワー言いながら見ていましたが、放送中に木本さんの後ろで「キャーキャー」言っている声が。そして、1秒ほどでしたが、声の主、というか私の姿が映っていました。家族にも見せれないほどの興奮ぶり、そして顔。

木本さんに会えたことは本当に良い旅行の思い出。その後は悪い思い出になってしまいました。

猛暑できつかった旅行

今年の八月の最後の週末にディズニーランドと東京スカイツリーに行きました。子供の陸上大会のついでの旅行で、一緒に大会に出場した子供たちの家族も同伴の旅行でした。

四家族がほとんど一緒に動くので、旅行を計画する段階から大変でした。

大会が終わってすぐにディズニーランドに向かいました。横浜から電車を乗り継いで舞浜まで行ったのですが、かなりの猛暑で、すでに大人たちはバテバテでした。

ディズニーランドに着いたのが午後だったので人でごった返していました。

とりあえず乗りたいアトラクションに向かいましたが、すごい人の列で二時間待ちでした。

この調子で猛暑の中、いくつかのアトラクションに乗ったところで、とうとう私はギブアップし、休憩しようと飲み物を求めてお店に入ったのですが、そこでもすごい列でヘトヘトになりました。

おまけに、何人かの家族が私について来ていたので気も使うし、好きに動けないしで本当に疲れました。

子供達は別行動をさせていたのですが、何人かが迷子になっただの、スマホの充電が切れただのと大騒ぎになり、広い園の中を当てもなく探し回ったりして本当に過酷でした。

次の日は朝一番でスカイツリーに行きました。ある程度の人はいましたが、すんなり入場でき、また天気も快晴だったのですごく感動しました。

昨日の悪夢が吹き飛ぶようでした。

子供のお蔭で久々に家族旅行ができました。大変でしたが、良い思い出になりました。